リスブログ
自動順番受付
初心の方へ 診察券のない初診の方は受付時間内に直接窓口までお越し下さい。
携帯電話及びPC専用自動受信システム
自動順番受付QRコード
電話(音声ナビ)による自動受付に付いて

リスブログ 2012年10月の記事

診療内容や日々感じた事を綴っています。

静岡県のヤナギ花粉飛散時期は3月上旬~4月中旬です。

湿った場所を好む落葉樹で、北半球の温帯、亜寒帯を中心に約300種類分布しています。花は穂状または尾状です。スギ花粉と飛散時期のピークが重複するため、見逃されがちです。

 

静岡県のポプラ花粉飛散時期は3月中旬~4月中旬です。

樹形がほうき状となる北ヨーロッパ原産のセイヨウハクヤナギと、北米産のアメリカクロヤマナラシが多く、共に落葉高木です。街路樹や牧場に植生しています。

静岡県のヒノキ花粉飛散時期は3月中旬~5月中旬です。

日本特産の常緑高木針葉樹で、幹は直立し、時に高さ50m、直径2mに達します。樹皮は赤褐色で枝は細かく分かれ、花は楕円形黄赤色です。極地、南アメリカの中部から北部、アフリカ西部、アジアの熱帯を除いて全世界の温帯に広く分布しています。スギよりも約1ヵ月遅れて花粉が飛散し、共通抗原性があるため、スギ花粉症の方は注意が必要です。

口腔アレルギー症候群の原因となる花粉症です。

静岡県のハンノキ花粉飛散時期は1月下旬~4月上旬です。

原野の湿地に多い落葉高木で、幹は直立して15mの高さになり、樹皮は細かく割れています。開花時には、紅紫色の花柱がみられます。北海道内にはミヤマハンノキ、ウスゲヒロハハンノキ、ケヤマハンノキ、コバノヤマハンノキ、グルチノーザハンノキなどの種類がみられます。2月下旬~3月中旬にかけて、花粉の飛散量が増加します。

 

口腔アレルギー症候群の原因となる花粉症です。

今年のカブトムシも先週までに全て死んでしまいました。飼育ケースを観察するとカブトムシの幼虫5匹を確認出来ました。来年の夏、全ての幼虫を成虫にしたいです。

Pages: 1 2 Next

プライバシーポリシー サイトマップ