リスブログ
自動順番受付
初心の方へ 診察券のない初診の方は受付時間内に直接窓口までお越し下さい。
携帯電話及びPC専用自動受信システム
自動順番受付QRコード
電話(音声ナビ)による自動受付に付いて

リスブログ 2012年7月の記事

診療内容や日々感じた事を綴っています。

大量に出血した場合、適切な止血処置が必要となります。鼻出血で一番多いのは鼻中隔前方(キーゼルバッハ)部位であり、止血処置がしやすいのですが、ときどき鼻腔後方などの出血に遭遇すると、止血処置が困難であり繰り返し出血することがあります。

写真は左鼻腔前方(キーゼルバッハ)部位の電子スコープ所見です。

1,2は子供の症例

3,4は大人の症例

1番目が通常の電子スコープ、2番目は電子スコープ特殊光(NBI)の所見(血管が緑色に見えやすくなります。)

3番目は左鼻腔粘膜焼灼前、4番目は左鼻腔粘膜焼灼後の所見です。

鼻出血
診療内容2012年7月|2012/07/04/21:43:27

プライバシーポリシー サイトマップ