リスブログ
自動順番受付
初心の方へ 診察券のない初診の方は受付時間内に直接窓口までお越し下さい。
携帯電話及びPC専用自動受信システム
自動順番受付QRコード
電話(音声ナビ)による自動受付に付いて

リスブログ 2012年9月の記事

診療内容や日々感じた事を綴っています。

急性中耳炎の起炎菌で問題になるのが、肺炎球菌インフルエンザ菌であります。鼓膜切開を施行し、排膿された分泌物を細菌培養すれば起炎菌を確定できますが、結果が出るまでに数日かかるため効果のある抗生剤が投与出来ないことがあります。最近、肺炎球菌の迅速キットが発売されました。数分で検査結果がわかります。肺炎球菌に最も効果のある抗生剤投与が出来るようになりました。

写真の症例は4歳女児、左耳痛で来院されました。

写真上から順に

来院時の鼓膜所見:鼓膜表面に水疱を伴い発赤・膨隆しています。

鼓膜切開後の所見:水疱はなくなり、膨隆もやや改善しています。

肺炎球菌迅速キットの結果:右に濃い赤い線(コントロール)、左に薄く線が確認出来ます。肺炎球菌陽性

 


プライバシーポリシー サイトマップ