リスブログ
自動順番受付
初心の方へ 診察券のない初診の方は受付時間内に直接窓口までお越し下さい。
携帯電話及びPC専用自動受信システム
自動順番受付QRコード
電話(音声ナビ)による自動受付に付いて

リスブログ 2013年5月の記事

診療内容や日々感じた事を綴っています。

鼻閉で来院された患者(48歳、男性)さんです。右鼻腔にかなり大きな鼻茸(ポリープ)を認めました。

鼻閉が治らない場合、早めの耳鼻科受診をおすすめします。

2日前に食べたウナギの骨が右側のどに刺さっていると受診された40歳男性です。右扁桃にウナギの骨を見つけ、鉗子にて摘出しました。骨は意外に長く扁桃の奥まで刺さっていました。もう一日遅かったらウナギの骨を発見出来なかったかもしれません。咽頭異物を自覚している場合、早めの耳鼻科受診をおすすめします。

OAS(口腔アレルギー症候群)は、ある特定の食物を食べることにより口・唇・喉などの口腔粘膜や周辺組織にイガイガ感などのアレルギー症状を起こすことを総称していいます。OASの多くは花粉症に合併します。原因は花粉症の原因物質と似た物質が果物中に含まれているからと言われています。

OASは、花粉症が悪化する時期に発症・悪化するため原因花粉の回避対策も重要です。

原因となる食物は、加熱・加工したものを摂取もしくは避けるようにしましょう。

OASの原因となる主な食物

イネ科花粉症:トマト、メロン、スイカ、オレンジ

ヨモギ、ブタクサ花粉症:メロン、スイカ、セロリ

シラカンバ花粉症:リンゴ、モモ

ラテックスアレルギー:アボガド、クリ、バナナ、キウイ

両側中耳炎で通院している7歳男児です。両側外耳道に黒い異物を認め(最初小石を入れたのか?)、鉗子で摘出しようとしてもボロボロとしっかりつかむことができず、吸引しながら何とか摘出できました。

自分で両側の耳にねり消しゴムを入れたようで、お母さんに怒られていました。

症例は3歳男児。レゴブロックを自分の右鼻腔に入れて取れなくなったと当院受診。右鼻腔に透明で円形の異物を認めました。鉗子を使って異物を摘出しました。

Pages: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 Next

プライバシーポリシー サイトマップ