リスブログ
自動順番受付
初心の方へ 診察券のない初診の方は受付時間内に直接窓口までお越し下さい。
携帯電話及びPC専用自動受信システム
自動順番受付QRコード
電話(音声ナビ)による自動受付に付いて

リスブログ 2013年9月の記事

診療内容や日々感じた事を綴っています。

数日前の新聞の内容です。

今年の秋は花粉の飛散が長びく見込み。鼻水やくしゃみなどの症状が出る人は、風邪だと簡単に自己判断せずにアレルギー検査を受けて予防策を講じることが大切です。

秋の花粉症は、春の花粉症を引き起こすスギやヒノキ花粉と異なり、道端や川沿いに生えているブタクサやヨモギなどキク科の雑草の花粉が原因です。通常は、8月頃から日本各地で飛び始め、9月中にピークを迎えて10月まで続くと言われています。

今年は9月と10月も全国的に例年より気温が高く、降水量が多いことが見込まれ、高温多雨の影響により通常は9月にピークを迎えるはずのブタクサの花粉飛散が10月にずれ込む見通し。そのため、全体的に飛散期間が長期化することが予想されます。

ブタクサは高さが30―150cmほどの植物で繁殖力・環境適応力が強く、 道路わきや公園、河川敷、あるいは都市のコンクリートの隙間まで日本全国に広く分布している。風に乗って数キロ―数百キロ先まで飛散するスギやヒノキ花粉と違い、ブタクサの花粉は数十―数百メートルほどしか飛ばない。また、太陽が昇り始める早朝から午前中にかけて多量に飛散する傾向にある。

これらのことから、特に晴れた日の午前中は、土手や公園などのジョギングやウォーキングは避けた方が良い。また、ブタクサが多い場所の通勤や通学、キャンプなどレジャーの際には、マスクや花粉症対策めがねをかけるといった予防策が必要です。

さらに、残暑が厳しい年は、スギの花粉が季節を勘違いして秋に飛び始める事例も過去にあったことから、今年はブタクサに加えてスギ花粉が飛ぶ可能性もあります。


プライバシーポリシー サイトマップ