リスブログ
自動順番受付
初心の方へ 診察券のない初診の方は受付時間内に直接窓口までお越し下さい。
携帯電話及びPC専用自動受信システム
自動順番受付QRコード
電話(音声ナビ)による自動受付に付いて

リスブログ 2014年2月の記事

診療内容や日々感じた事を綴っています。

インフルエンザAが陽性の場合、吸入が可能ならリレンザやイナビルの方が良いようですね。

 

タミフル耐性ウイルス、北海道、神奈川など5道府県で発見

 

タミフル耐性ウイルス、北海道、神奈川など5道府県で発見

抗インフルエンザウイルス剤「タミフル」

抗インフルエンザ薬「タミフル」などが効きにくいH1N1型のインフルエンザウイルスが、5道府県で見つかったことが、国立感染症研究所のまとめで分かった。

まとめによると、ウイルスは北海道15人、山形県2人、大阪府1人、神奈川県1人、三重県1人の計20人の患者から見つかった。いずれも抗インフルエンザ薬の「タミフル」と「ラピアクタ」への耐性があった。「リレンザ」「イナビル」に耐性を持つウイルスは見つかっていない。

札幌市のケースでは患者同士が直接接触した形跡はなかったが、ウイルスの塩基配列はほぼ同じだったといい、感染研では「耐性を持ったウイルスが札幌市内で広がっている可能性がある」としている。

H1N1型は平成21年に新型として国内で流行。A香港型に比べ、若い世代も重症化の恐れがあるとされる。タミフルなどへの耐性を持ったウイルスが見つかったことについて、感染研は「医療機関での薬剤の選択を検討するため、状況を注意深くモニタリングする必要がある」としている。


プライバシーポリシー サイトマップ