リスブログ
自動順番受付
初心の方へ 診察券のない初診の方は受付時間内に直接窓口までお越し下さい。
携帯電話及びPC専用自動受信システム
自動順番受付QRコード
電話(音声ナビ)による自動受付に付いて

リスブログ 2015年8月の記事

診療内容や日々感じた事を綴っています。

298アレルゲン免疫療法は、減感作療法とも呼ばれ、アレルギーの原因となるアレルゲンを少量から投与することで、からだをアレルゲンに慣らし、アレルギー症状を和らげる治療法です。

アレルゲンとは、アレルギー症状を引き起こす原因となるものを指します。スギ花粉症であれば、スギ花粉がアレルゲンとなります。

アレルゲン免疫療法の特徴は以下の通りです。

  • アレルギー症状を治したり、長期にわたり症状をおさえる可能性のある治療法です。
  • アレルゲンを投与することから、アレルギー反応がおこる可能性があり、まれに重篤な症状が発現する可能性があります。
  • 治療は長期間(3~5年)かかります。
  • すべての患者さんに効果が期待できるわけではありません。

舌下免疫療法は、毎日の服用が必要になり、アレルゲンを含む治療薬を舌の下に滴下し、2分間保持することで、アレルギー症状を治療するアレルゲン免疫療法のひとつです。

注射で治療する皮下免疫療法と違い、注射の痛みがなく、自宅で服用できます。

9月中旬から当院でも舌下免疫療法を開始します。

希望者はスタッフにお尋ねください。

8月11日に故障した待合室のテレビ(36インチ)を、最新の40インチ4Kテレビに交換しました。数日間テレビがなくご迷惑おかけしました。15.8.18.1

医院の外壁の色がピンクからグレーに変わりました。15.8.8.1


プライバシーポリシー サイトマップ