リスブログ
自動順番受付
初心の方へ 診察券のない初診の方は受付時間内に直接窓口までお越し下さい。
携帯電話及びPC専用自動受信システム
自動順番受付QRコード
電話(音声ナビ)による自動受付に付いて

リスブログ

診療内容や日々感じた事を綴っています。

007PFS(花粉関連食物アレルギー症候群)

OAS(口腔アレルギー症候群)

OASは口腔粘膜やその周囲組織に生じる浮腫やイガイガ感などのアレルギー症状を表す言葉です。一方、PFSは病態を表す言葉で、花粉吸入することにより IgE 感作され、タンパク構成が良く似ている成分を含む食物を摂取することで症状を発現する食物アレルギーです。PFSの患者さんの多くがOASを発現するので、OASとも呼ばれています。

スギ(スギ科)2-150x1502703月8日(火) スギ花粉大量飛散が予想されます。

雨上がり、気温上昇、スギ花粉が大量飛散する条件がそろいます。

明日の外出はマスク、メガネ等予防してください。

0050082月7日19時~TBS 駆け込みドクター! 健康常識のウソホントSP で当院の耳垢栓塞画像が使われました。

耳掃除のやり過ぎには注意しましょう!

耳垢を奥に押し込み難聴になったり、外耳道や鼓膜を傷つけ外耳道炎や外耳道真菌症、鼓膜穿孔などを起こすことがあります。

耳掃除は1カ月に1回程度で良いとされています。(多くても月に2回まで)

毎日、綿棒で耳掃除をしてる方は注意が必要です。

120インフルエンザワクチン接種の予約を開始しました。

診療時間内に直接受付で予約するか、電話で予約お願いします。

料金など詳細はHPの「お知らせ」に記載してあります。

298アレルゲン免疫療法は、減感作療法とも呼ばれ、アレルギーの原因となるアレルゲンを少量から投与することで、からだをアレルゲンに慣らし、アレルギー症状を和らげる治療法です。

アレルゲンとは、アレルギー症状を引き起こす原因となるものを指します。スギ花粉症であれば、スギ花粉がアレルゲンとなります。

アレルゲン免疫療法の特徴は以下の通りです。

  • アレルギー症状を治したり、長期にわたり症状をおさえる可能性のある治療法です。
  • アレルゲンを投与することから、アレルギー反応がおこる可能性があり、まれに重篤な症状が発現する可能性があります。
  • 治療は長期間(3~5年)かかります。
  • すべての患者さんに効果が期待できるわけではありません。

舌下免疫療法は、毎日の服用が必要になり、アレルゲンを含む治療薬を舌の下に滴下し、2分間保持することで、アレルギー症状を治療するアレルゲン免疫療法のひとつです。

注射で治療する皮下免疫療法と違い、注射の痛みがなく、自宅で服用できます。

9月中旬から当院でも舌下免疫療法を開始します。

希望者はスタッフにお尋ねください。

Pages: Prev 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ... 190 191 192 Next

プライバシーポリシー サイトマップ